クリスピードーナツの魅力

クリスピードーナツの魅力

昨日、夜に家族で新宿にいたときのことです。デパートで買い物をして、メキシカンを食べて家に帰ろうとしたのですが、帰ろうと外を歩いていると右手に大きな電光掲示板を発見しました。

何の看板だろうと思って子供たちと一緒に右手を見てみると、クリスピードーナツと書いてありました。ファン、これが有名なクリスピークリームドーナツのお店なんだとすぐ気づきました。ちょっと前になりますが、テレビで大変よく紹介されていて、有名女優さんも大のお気に入りということでイチオシしていたドーナツ屋さんです。

一度は行ってみたいと思っていましたが、最寄りの駅になかったことと、新宿のような大きな街に遊びに行っても、帰るときには買い物した荷物で両手がいっぱいなので、なかなかドーナツを買ってそれも持って帰ると言うことができないでこれまで来てしまっていました。

しかし今夜は、夫が運転する車で遊びに来ていたので、買おうと思えば買って帰れると言う状態でした。息子も私もドーナツが大好きな人間です。食べたことがないドーナツ屋さんにいってみたいと息子は大はしゃぎをしました。

仕方がないので結局たくさんのドーナツを買って帰ることになりました。選んだドーナツはオリジナルグレーズと呼ばれる大変シンプルなドーナツとチョコレートグレーズという2種類を購入しました。最近、見た目にも華やかな創作ドーナツが多いので、一見、このドーナツはどうしてこんなに人気があるのだろうかと不思議に思うこともあるのですが、それは食べてみれば理由がわかります。

ここのドーナツは、食べてみるまえに、10秒間ほどレンジで温めると美味しさが増すということでお店の方でも推奨しているくらいです。実際に家で食べる時も、この通りにしてみると、外側の砂糖のグレーズソースがカリカリとしていて、そこを通り抜けるとフワフワと柔らかくあったかい生地がでてきて本当に感動してしまうくらいの食感が襲ってきます。

ミスタードーナツなどとはまた違った魅力のドーナツです。私は一番好きと言っても過言ではありません。

足痩せ

納豆通なアメリカ人

先日アメリカから日本に来てもう20年くらい経つ友人と話す機会がありました。彼女はアメリカ人なのに大変スリムで健康的な体型をしています。その秘訣を聞いたところとても興味深い話をしてくれたのです。

彼女は1年365日のうち300日以上は納豆食べているそうです。それほどまでに納豆が大好きなのだそうです。仕事先でも食べますし自炊でもほとんど毎日食べています。バリエーションを増やすためにときには天ぷらにしたり、サラダにマヨネーズに加えてパンに挟んだり冷たい麺に載せたりして食べることもあるそうです。

神戸に彼女が初めて出会ったのが日本に来た当時でした。最初は薬かと思ったそうです。交換留学生として一年間来日して関西に住んでいました。昔は関西の人はほとんど納豆食べなかったので、なんで関西人が食べられない納豆をアメリカ人が食べれるんだと言われていたそうです。ですが、一度どこかで食べた納豆の味に感激してしまって下宿しているお母さんに頼み込みいつも用意してもらっていたと言うことでした。

食べ物に慣れるのが海外から来た人にとってとても大変なことだと思います。初めての味噌ピーナツバターに思えたそうです。かまぼこは消しゴムに見えたそうです。気持ち悪いと思いましたがこれらは大豆や魚を加工したものだと教えてもらって自分で納得して食べるようになっていたそうです。新たな食材に変わる和食の凄さを思い知りました。

初めて日本に来て食べられないものが多かった時に、留学を世話してくれるアドバイザーの方が、どんなものでも最低七回は食べてみるとアドバイスしてくれたそうです。なぜ七回なのかはわかりませんでしたが、三回くらい食べても好きでなかったものが五回六回と食べていくと変わったから不思議なものだと言っていました。

日本のヘルシーな食生活の風で、体重もほとんど増えず、アメリカにいたらおそらく体重は今の倍はあるだろうと想像すると本当によかったと思っているそうです。

いろいろ大変だったかと思いますが、彼女はヘルシーな日本食を好きになってくれて友人として本当によかったと私も思っています。